上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- /
GEORGIA/VINTAGE LABEL

俺:「久しぶりに缶コーヒーのコーナーを更新しようかと…」

友人:「すっかり忘れてた。もうやる気ないだろ?」

俺:「いやいやいや(;・∀・)」

友人:「まぁいいや。たまにはコーヒーも触れないとCDばかりでは読者も飽きるだろうし…読者なんて居ないだろうけど(笑)」

俺:「…今日はいつもに増して辛口だな、ヲイ」

友人:「そんな(ノ´∀`*)」

俺:「褒めてないんだけど(# ゚Д゚) ムッカー」

友人:「いい加減慣れろよ。で、本題行こうぜ。どの缶コーヒー?」

俺:「GEORGIAのVINTAGE LABELです」

友人:「ほう…これは最近よく自販機で見るな。人気があると言うことか」

俺:「ググったら2007年9月発売とあるけど、そんな前からあったかな?でも人気あるんだろうね。今ならコカ・コーラの自販機ではほぼ確実ある」

友人:「ジョージアのイメージは青なんだけど、赤い缶だ」

俺:「発売当初は黒だったみたいだけど、パッケージデザインを変更したみたい」

友人:「でも相変わらずダサくて、ごちゃごちゃしたデザインだなぁ。ジョージアにデザインセンスを求めるのも酷な話なのかも知れんが」

俺:「そこら辺は好みもあるだろうけど、缶のデザインで惹かれはしないね」

友人:「デザインは悪くても味が良ければ良いんだけど…飲んでみようか」


       ■Do( ̄ー ̄ ) コーヒータイム


友人:「おおぅ!ジョージアらしからぬ…というかジョージアの味じゃないぞ、コレ」

俺:「ポジティブな意見?ネガティブな意見?」

友人:「ポジティブで。味がしっかりしている。ジョージアってどれも味薄いだろ?どれだけ水で薄めているんだよ!ってなくらいに。でもこれは薄めていない感がする」

俺:「関係者に水で薄めた缶コーヒーみたいって言ったら、きっと泣くよ」

友人:「事実だろ?」

俺:「さすがにそれはない…と信じている。でも基本的にジョージアは全般的に薄味の傾向だね」

友人:「CMバンバン流しているいるし、どこでも飲めるから支持している人はいるんだろうけど、俺は好きじゃない。でもコレは今までのジョージアに対する不満を解決したな」

俺:「ジョージアの足りない部分は豆の豊満な香りとコーヒー感…かな?サントリー的に言うと。でもこのVINTAGE LABELはジョージアにしては意欲作だと思う」

友人:「そもそもジョージアが好きだという人を見たことない」

俺:「俺も聞いたことないなぁ…でも喫茶店に行くとアメリカン・コーヒーがあるし、注文する人もそこそこいたよ。喫茶店でバイトしてたから知っているけど、アメリカン・コーヒーを注文する人は大体年配の人が多かった」

友人:「薄いのが良いのか?そんな人がコーヒー好きと言えるの?」

俺:「コーヒーの濃さとか飲み方は人それぞれ好みあるし、一概に言えるものではないだろ。元々嗜好品だしね」

友人:「でもさ、ジョージアって味も微妙だし、CMも微妙だし、取り立てて特徴ない。あるとしたら薄くて安物っぽいコーヒーをそれなりのモノに見せる技術と、金にものを言わせた販売方法ってところじゃない?」

俺:「ジョージアのイメージ悪いなぁ(;・∀・) でもこだわって缶コーヒー飲む人はそう思うかも知れない。コーヒー豆の味を全面的に出すと苦味だけではなく酸味も強くなるから、苦味と酸味をマイルドにするために砂糖とミルクを増やす。そうなると豆の風味が消えてしまうんだよね。豆のブレンドはもちろんだけど、この辺りのバランスも開発担当者は苦労していると思うよ」

友人:「で、このVINTAGE LABELはジョージアらしからぬ味で成功したと」

俺:「発売して1年以上経過しているから、それなりに売れているんじゃないかな?早いのだと数ヶ月で自販機から消えるから。今後定番化するかは未知数だけど、ジョージアにしては深い風味だから既存の定番品と差別化できて残る気がする」

友人:「普段ジョージアは飲まないけど、コレはありかも知れん」

俺:「え~と、他にこの缶コーヒーの特徴はと…缶に『蔵出し熟成』と書いてあるね。HPを見るとどうもワインを意識しているようで、田崎ソムリエが迎えてくれる」

友人:「熟成って事は寝かすということ?」

俺:「みたいだね。出荷まで通常の3倍、1ヶ月ほど豆を保管しておくみたいだよ」

友人:「そんなので味が良くなるならむしろ簡単…」

俺:「ではないよ。製造業に関わる人ならわかるだろうけど、保管方法、管理方法などの品質の面で手間が増えてコストと時間がかかる。また出荷までの製造期間が長くなるので在庫調整などの流通問題も出てくる。それらをクリアして初めて店頭や自販機に並ぶ。要するにメーカーからすればメリットは少ない」

友人:「へぇ…そこまでして保管するということは、それだけ味が変わるということか」

俺:「ジョージアのブランドにしては今までにない深みとコクのある味だよね。これを目指していたなら成功しているとは思う」

友人:「ビンテージと言えば誰でも有難く感じると思って安易な名前で売っているかと思いきや、努力しているんだな」

俺:「新商品はどこのメーカーも凄い検討して、いろいろ試行錯誤して形にして、製造ラインで確認して…最終的に安定供給が出来る見込みがあるか先の事まで予測して、任天堂みたいな会社には当てはまらないけど…多くの人が影で努力しているんだよ。いろんな課題を乗り越えて初めて商品化されるんだから、まずそこまで行くのが大変。こんなに大変な思いで出荷されても市場で生き残るかもわからないし」

友人:「なんか若干個人的な苦労話が入っている気がするんだけど」

俺:「あ、ごめん入ってます。要するにメーカーの苦労も少しは分かって欲しいなと。例えジョージアでも」

友人:「いや、別にジョージアだからって馬鹿にはしているけど」

俺:「しているのかよΣ(・ε・;) 」

友人:「CMのせいもあるだろうし良いイメージはないな。今だったら舘ひろしだっけ?」

俺:「さんまじゃなかった?」

友人:「どっちでもいいけど、飯島直子の頃から何かな~と思ってた。浜田課長で『明日があるさ』だろ?吉本芸人が働く男を励ますイメージで売り出すからどうも良いイメージないな。芸人がサラリーマンの真似事しても共感湧かないし、むしろ嫌悪感が出る。不思議!」

俺:「何となくわかるけどね…」

友人:「まぁ、そんなジョージアもこの商品だけは行けます。これはアリです。あとは吉本の芸人を使ってくれなければ…もう少しCM方法考えてくれ」

俺:「いいじゃない?こんな暗いご時勢だし、パァーっと明るくなる内容の方が良いとは思うよ。疲れたサラリーマンを癒したり励ましてくれるCMって他にあまりないでしょ?」

友人:「そうだろうけど…疲れたサラリーマンを癒すなら、エロいCMでもしてくれる方がよっぽど励みになるけど」

俺:「エ、エロ…深夜限定のテレ東とかテレ朝とかでしか…」

友人:「特命係長・只野仁がゴールデンに移って視聴率惨敗しているみたいだけど、あれは本来深夜やるべきものをゴールデンなんかでするとエロも封印されるし、誰が見るんだよ!(#゚Д゚)ゴルァ!!」

俺:「それは俺に言われても…」

友人:「戻せ!深夜に戻せ!フン! フン! フン!

俺:「…ジョージア関係ないし( TДT) 」


味:★★★★☆
散々述べたが、ジョージアにしては全体的にしっかりとした個性豊かな風味。ジョージアでは例外的な重厚さです。

苦味:★★☆☆☆
コクも風味もあるのに苦くないという不思議なコーヒー。

甘味:★★★★☆
甘くないジョージアはジョージアにあらず(ブラック除く)。

香り:★★★★☆
風味豊かでまろやかな独特の匂いがします。これがビンテージの匂いか?と問われたら『別物!』と答えます。

デザイン:★☆☆☆☆
ジョージアのダサさはもはや定番です。

スポンサーサイト
2009.02.10 /
Secret

TrackBackURL
→http://ashallowbrainedape.blog11.fc2.com/tb.php/329-8708939a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。